カテゴリ:母( 7 )

父の入院 再び

昨年に続き、父が再び入院。階段で転倒して大腿部骨折。
リハビリ頑張って、自分の足で歩いてよっ!! (~_~;)
今回は病室が10階なもんで、夜景が・・・撮ってる場合か !?
a0301676_07503032.jpg

by stmalta | 2015-09-21 07:59 | | Comments(6)

父の入院


11月5日。父が胸が苦しいと救急車で病院に搬送。
検査ではこれと言った病状も無く、4日後に無事退院。
母が今年、他界したのに続いて後を追って・・・・。
そんなことは無かった。

個室しか空きが無かったのもあるが、トイレ、シャワー室完備の個室で、のんびり過ごしはりました。
同じ階のロビーからの眺めが良かったので、次の日カメラを持って行った。
のんきな親子です。

a0301676_08221427.jpg
a0301676_08221436.jpg
a0301676_08234474.jpg
大阪ガス隣の病院でした。
a0301676_08221445.jpg



by stmalta | 2014-12-02 08:25 | | Comments(0)

精霊流し

地元の大正橋から毎年、精霊流しが行われる。
今年無くなった母の初盆なので、訪れたのですが・・・。
a0301676_07402296.jpg

個々に、精霊を流すのは環境のため良くないということで、
いつからか「精霊船」なるものが、やってきてお供え物を積み込むらしいです。

しかし、今年からは違った。
経費節減のため、「トラックで回収」!?
「ゴミの回収」と変わらないではないか!!

長く生きれば生きるほど
人の心まで、奪われていくような気がしてならない。

a0301676_07402116.jpg
雨の中、大勢の人がおとずれたのに・・・・。






by stmalta | 2014-08-16 07:48 | | Comments(0)

日常への回帰2

a0301676_101537.jpg


日常へ戻るため

半年間利用した駐車場の解約。これからは元の電車通勤に。

もう病院に寄らなくてよいから、会社から自宅へ直帰。

出勤前はカメラを提げて散歩

途切れていた、友人との飲み会を再開

こんなとこかな?

葬儀までの忙しさも終わって、日常へ戻ろう。

そして母の日にはカーネーションを送ろう。
今まで、照れくさくて遅れなかったもんな。
by stmalta | 2014-05-09 10:09 | | Comments(0)

日常への回帰

毎日、仕事帰りに母の入院する病院へ寄って帰宅。
お昼に時間があれば出来るだけ病院へ。
見舞いと言うか、顔を見るだけである。
まくれ上がったパジャマを直したり、口からずれた酸素マスクを直したり。
その程度である。完全看護で重要なことは全て病院がやってくれる。

声をかけても反応が無くなったのは死の1ヶ月前から。
それまで、そして意識の無い中、どんな夢を見て過ごしたのだろうか。

これから日常という時間へ。母親の居ない日常へ。
大きな存在の無い中、少しでも早く日常を取り戻そうと思う。

a0301676_10424319.jpg

by stmalta | 2014-05-08 10:43 | | Comments(0)

気がつけば

a0301676_654983.jpg


母が倒れてからの約半年間
ブログを更新していませんでした。
自分の日記として始めたのですが、
半年間は見舞いと揺れ動く病状と心の葛藤で埋まってしまいました。

ベッド脇の生体情報モニターとのの一喜一憂の日々が続きました。
脈拍、血中酸素、心拍数、心電図、血圧。

気がつけばモニターしか見ていない自分がありました。
表示される数値より、実際に母の手を握り顔をみていれば良かった。
何に「頑張れ」と言っていたのか。モニターに?母に?

死に直面することの多い看護師さん達は、既に予知していたのでしょうか。
配慮から最期の一日は個室にベッドを移され、家族だけで看取ることができました。

担当医の先生。看護師の皆さん。みんな良い人でよかったね。
今は感謝の気持ちで一杯です。半年間、ありがとうございました。
by stmalta | 2014-05-06 18:00 | | Comments(0)

母の死

a0301676_721142.jpg


2013年11月5日未明
母が、自室で倒れていたのを発見。
緊急搬送。
脳血管の拡張手術で一命を取り留めたのですが、
脳梗塞による左半身麻痺。
記憶、言語の障害は免れたとの説明を受ける。

しかし認知機能が低下したまま、入院。

鼻からの経管栄養のみで立ち上がることも
口からの食事もできないまま
ベッドで85歳の誕生日を迎え、翌年5月3日に他界。

入院中、2度の肺炎を乗り越えたが、3度目の肺炎で胸水を除くことが
出来ませんでした。

発症から6ヶ月、弱った体でよく頑張りました。
私のことは一度も認識出来ず、誰か分からなかったようです。
ただ一度、死の1ヶ月前に「ヨシヒロ」と声を出したことが
せめてもの慰めになったのは事実です。

明日の葬儀に使う、遺影のレタッチのために事務所で作業しています。
どの写真も怒っているような表情ばかりで、やっと見つけた1枚の写真。
顔のシワを取りすぎないように。唇に明るいルージュを。
こんなことしか今の自分には出来ません。
これなら気に入ってもらえるかな?

さて、これから母を亡くした喪失感とどうやって立ち向かって行くか、
誰もが通り過ぎる過程なのですが、未知の経験に戸惑いもあります。

ただ、今の自分は一人じゃ無いんだと・・・。
by stmalta | 2014-05-05 06:36 | | Comments(0)


関西エリアの写真ブログ。ジャンルに節操ありません。


by stmalta

プロフィールを見る

最新のコメント

>umi_bariさん ..
by stmalta at 15:59
梅と桜の合間に、桃ですね..
by umi_bari at 12:28
> シンシアさん 「木..
by stmalta at 15:35
おはようございます、確か..
by cynchia at 07:29
> すさたんさん 今朝..
by stmalta at 14:24
おはようございます~^^..
by susatan at 08:23
> まほろばさん 一枚..
by stmalta at 08:40
1枚目、畦に注目されまし..
by mahoroba-shahai at 07:41
> まほろばさん ..
by stmalta at 14:28
天理ダムにも、このような..
by mahoroba-shahai at 14:05
>鍵コメさん 私も今回..
by stmalta at 16:02
> まほろばさん 何か..
by stmalta at 10:52

お気に入りブログ

BAGUS!
花の調べ
花景色-K.W.C. P...
気ままにお散歩
日記のような写真を
HarQ Photogr...
まほろば 写真俳句
流れのほとり
司法書士 行政書士 柿本...
shindoのブログ
walk with my...
ratoの大和路
temanesii
Switch Off
本日のかあさん
東大寺が大好き
明日香ふぉと
きまぐれデジタルフォト  
natsunana
ちょっとそこまで
シンシアの部屋
こころいろ*photo
絵手紙グッドタイミング
美写65
いけふぉと
亀の遠写近写②
山ノ辺のカメラマン

外部リンク

記事ランキング

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

カテゴリ

全体
早朝散歩
京都
奈良
滋賀
兵庫
箕面
和歌山

日常
大阪城
公園
飛行機
難波
旅行
天王寺 阿倍野
自転車

中之島
靫公園
武庫川
大阪北

大正/港区 ベイエリア
寸景/自然
寸景/街

大阪市内
祭り・イベント
淀川
生き物
大阪府 社寺仏閣
大阪府

未分類

ブログジャンル

近畿
カメラ